​ご案内

燃料ペレットが出来るまでの流れ

​(実用新案登録第3223767号 実願2019-003107)

STEP1.

竹及び木質チップを『特定解繊・綿状粉砕装置』により粉砕しペレットの原料にします。

STEP2.

粉砕装置の工程のダクトの中で粉砕物は適度の乾燥が得られ、綿状繊維物の中に粉状物も含まれます。

STEP3.

リグニン溶融化温度環境を調整できるペレタイザーによる成型を行います。

STEP4.

現在の国内における低温・樹脂軟化作用環境の製造ペレットに比し硬度のある製品が生まれます。

STEP5.

冷却せず、そのまま半炭化の技術もあります。

森林

バイオマス燃料に関するお問合せ

携帯電話
一般社団法人 山口県地域木造住宅相談センター

所在地: 山口県山口市大内氷上5丁目7-5

TEL/FAX:083-927-6311

お気軽にお問合せください。